« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

第109集

ジョジョの奇妙な冒険 第4部
ジョジョの奇妙な冒険 (29)

作者:荒木飛呂彦
定価:390円
現在全63巻発売中(第4部は第29巻~47巻まで)
※文庫版 ジョジョの奇妙な冒険
 定価:600円
 現在全39巻+番外編全1巻の計40巻発売中(第4部は第18巻~29巻まで)
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆☆


『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』とほぼ同じ時間系列で繰り広げられるスタンド使い達の戦いを架空の都市を舞台に描いたマンガです。この『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』から苦手だと感じる人が少なからず出てくると思われるほどかなり絵柄の癖が強くなりますが、1度読み始めるとすんなりと読み進める事が出来るほど見事なほど練られた構成が魅力的です。『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』のギャグタッチから一転、ほとんどギャグが無いストーリーにおいて顕著に分かる迫力溢れる戦闘シーンが『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの中で最も優れていると個人的に思っています。スタンドの能力然り、ラストバトルまでの物語の盛り上げ方、圧倒的な強さの敵との戦闘での絶望感が見事に描かれていて、少々長めの巻数だが中だるみのないストーリー展開に一気に熱中して読めると思う。ただ、他の『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズと比べてやや人物の魅力が薄く、感情移入するほど圧倒的な存在感のある人物が登場しないのが少々玉に瑕だと思います。
私個人的ですが、この『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』が『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの中で最もおもしろい作品だと思います。『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』を読み『ジョジョの奇妙な冒険』の雰囲気に慣れ、さらに一癖ある『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』を読むでいくことをおすすめします。
絶望的なほど強い敵が登場するマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
スポンサーサイト
荒木飛呂彦 | CM(-) | TB(0) 2008.05.02(Fri) 21:24
copyright © 気ままに読んだマンガの感想を書いていくブログ all rights reserved.

プロフィール

jhgf

Author:jhgf
紹介マンガ総数1232冊

当ブログはリンクフリーです。
また相互リンクの方は
kimamanimangablog@gmail.com
までお知らせ下さい。

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。