« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

第107集

ジョジョの奇妙な冒険 第2部
ジョジョの奇妙な冒険 (5)

作者:荒木飛呂彦
定価:390円
現在全63巻発売中(第2部は第5巻~12巻まで)
※文庫版 ジョジョの奇妙な冒険
 定価:600円
 現在全39巻+番外編全1巻の計40巻発売中(第2部は第4巻~7巻まで)
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆


『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』から物語は続き、波紋と呼ばれる特別な力を駆使し前作から引き続き石の仮面とエイジャの赤石とよばれる秘宝を巡って行われる争いを描いたマンガです。『ジョジョの奇妙な冒険 第2部』から独特の台詞回しや構図、魅力溢れる人物が登場し、『ジョジョの奇妙な冒険』らしい独特の世界観が作られている。人間賛歌をテーマとした物語は戦闘シーンが多い割りにはしっかりとした人間模様が描かれていて、短いストーリーにもかかわらずかなり読み応えがある。友人との友情や、修行などの主人公の努力過程がしっかりと描かれているのも好印象を受けた。またこのころから少々読みづらい癖が顕著に表れ、とっつきにくさが見受けられる。『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』とは似ている絵柄だが、あくまで別のマンガに近いということを念頭に置いてこのマンガを読むことをおすすめする。
私個人的には、『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』よりこのマンガの方が面白いと感じました。この『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガはさまざまな意見があり、読む人によって好みがかなり変わる特異なマンガです。この『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガ全編を読んで初めて自分の好みがわかるので、このマンガもあくまで通過点として読み進めていく方が良いと思います。名台詞が多い『ジョジョの奇妙な冒険』の中核を担うこの『ジョジョの奇妙な冒険 第2部』に興味があるひとはぜひ、この機会に『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』も読み、さらに別の『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでみることを強くおすすめします。
ドイツの科学力は世界一?という人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
スポンサーサイト
荒木飛呂彦 | CM(-) | TB(0) 2008.04.13(Sun) 11:52
copyright © 気ままに読んだマンガの感想を書いていくブログ all rights reserved.

プロフィール

jhgf

Author:jhgf
紹介マンガ総数1232冊

当ブログはリンクフリーです。
また相互リンクの方は
kimamanimangablog@gmail.com
までお知らせ下さい。

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。