« 2008 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

第108集

ジョジョの奇妙な冒険 第3部
ジョジョの奇妙な冒険 (12)

作者:荒木飛呂彦
定価:390円
現在全63巻発売中(第3部は第12巻~28巻まで)
※文庫版 ジョジョの奇妙な冒険
 定価:600円
 現在全39巻+番外編全1巻の計40巻発売中(第3部は第8巻~17巻まで)
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆☆


ジョジョとDIOとの因縁の対決をエジプトを舞台に描いたマンガです。『ジョジョの奇妙な冒険』の代名詞ともいえるスタンドの登場により戦闘に迫力が追加されより物語を楽しめる要素が増えている。『ジョジョの奇妙な冒険』では異端ともいえるギャグタッチのストーリー展開と台詞回しが多く大変読みやすいわりにしっかりとした物語の軸と人間賛歌というテーマがより物語に厚みを与えているので、何回読んでも飽きない作りとなっている。『ジョジョの奇妙な冒険』の完成型ともいえる圧倒的な戦闘のバリエーションと魅力溢れる敵・味方の人物設定、短い巻数にぎっしりと積み込まれた緊張感あるストーリーは一見の価値があると思います。また、この『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』単体でも十分楽しむことが出来るので。『ジョジョの奇妙な冒険』の中では一番読みやすい『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』を足がかりに『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを読んでいくことをおすすめします。
私個人的には、ややポップすぎる印象を受けました。物語中盤の軽すぎるストーリー展開と終盤の緊張した戦闘シーンとのギャップが激しく、物語全体としてのまとまりに欠け、折角のDIOとの戦闘の恐怖感が描き切れていなくもったいない印象を受けた。
「ザ・ワールド時よ止まれ」という台詞を一回でも聞いたことがある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
スポンサーサイト
荒木飛呂彦 | CM(-) | TB(0) 2008.04.26(Sat) 20:32

第107集

ジョジョの奇妙な冒険 第2部
ジョジョの奇妙な冒険 (5)

作者:荒木飛呂彦
定価:390円
現在全63巻発売中(第2部は第5巻~12巻まで)
※文庫版 ジョジョの奇妙な冒険
 定価:600円
 現在全39巻+番外編全1巻の計40巻発売中(第2部は第4巻~7巻まで)
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆


『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』から物語は続き、波紋と呼ばれる特別な力を駆使し前作から引き続き石の仮面とエイジャの赤石とよばれる秘宝を巡って行われる争いを描いたマンガです。『ジョジョの奇妙な冒険 第2部』から独特の台詞回しや構図、魅力溢れる人物が登場し、『ジョジョの奇妙な冒険』らしい独特の世界観が作られている。人間賛歌をテーマとした物語は戦闘シーンが多い割りにはしっかりとした人間模様が描かれていて、短いストーリーにもかかわらずかなり読み応えがある。友人との友情や、修行などの主人公の努力過程がしっかりと描かれているのも好印象を受けた。またこのころから少々読みづらい癖が顕著に表れ、とっつきにくさが見受けられる。『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』とは似ている絵柄だが、あくまで別のマンガに近いということを念頭に置いてこのマンガを読むことをおすすめする。
私個人的には、『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』よりこのマンガの方が面白いと感じました。この『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガはさまざまな意見があり、読む人によって好みがかなり変わる特異なマンガです。この『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガ全編を読んで初めて自分の好みがわかるので、このマンガもあくまで通過点として読み進めていく方が良いと思います。名台詞が多い『ジョジョの奇妙な冒険』の中核を担うこの『ジョジョの奇妙な冒険 第2部』に興味があるひとはぜひ、この機会に『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』も読み、さらに別の『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでみることを強くおすすめします。
ドイツの科学力は世界一?という人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
荒木飛呂彦 | CM(-) | TB(0) 2008.04.13(Sun) 11:52

第106集

ジョジョの奇妙な冒険 第1部
ジョジョの奇妙な冒険 (1)

作者:荒木飛呂彦
定価:390円
現在全63巻発売中(第1部は第1巻~5巻まで)
※文庫版 ジョジョの奇妙な冒険
 定価:600円
 現在全39巻+番外編全1巻の計40巻発売中(第1部は第1巻~3巻まで)
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆


主人公と敵対する養子との関係を謎の石仮面を中心に描いたマンガです。有名な『ジョジョの奇妙な冒険』の初めとして十分に満足出来る話の展開とストーリー構成です。魅力溢れる人物や独特な世界観こそあまり無いもののヒーロー活躍劇としては十分楽しめるマンガですが、あくまで『ジョジョの奇妙な冒険』を全て読むことを前提とした話、伏線があるのでこの1部というマンガ単体では不完全燃焼気味で本当の面白さに気付くことが出来ないと思います。あくまで『ジョジョの奇妙な冒険』を読破しようとしている人にとっての通過点であるマンガです。『ジョジョの奇妙な冒険』に興味がある人のみ読むことをおすすめするマンガです。
本当の紳士とは何か知りたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
荒木飛呂彦 | CM(-) | TB(0) 2008.04.13(Sun) 01:18

第105集

ラバーズ7
ラバーズ7 1 (1)

作者:犬上すくね
定価:533円
現在全7巻発売中
掲載雑誌:月刊サンデーGENE-X
出版社:小学館
おすすめ度:


ヤクザが経営するコンビニでアルバイトをすることとなった主人公と女子高生との恋愛模様をギャグタッチで描いたラブコメディもののマンガです。表紙に卓球が描かれていますが、本編には全くと言って良いほど関係しなく、あっさりとした絵柄から描かれるラブコメものをダラッとした雰囲気で読み進めるマンガだと思います。特に挙げて良い点が無く平均的には良いものの進んで読むほどのマンガでは無いと思います。良くも悪くもラブコメディらしいマンガです。話の展開、ラストもたいして良いものでは無いですのでけっして期待しないでこのマンガを読むことをおすすめします。
簡単なマンガを読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
犬上すくね | CM(-) | TB(0) 2008.04.09(Wed) 23:40

第104集

PRESENT FOR ME
PRESENT FOR ME

作者:石黒正数
定価:543円
現在全1巻発売中
出版社:少年画報社
おすすめ度:☆


デビュー作品、未発表作品含め7点の短編を収めた短編集です。『それでも町は廻っている』で有名な作者だが、期待を裏切らない石黒正数らしいギャグがそれぞれのストーリーに散りばめられていて短編だが満足出来るマンガだと思う。ライトでシュールな作品が多く、読みやすいにも関わらずしっかりとした構成があるために何回も繰り返し読め新しい面白さに出会えるマンガです。万人受けしやすい絵柄とストーリーなので『それでも町は廻っている』が面白いと思った人は、読んで損をすることはけっして無いと思います。
私個人的には、大変楽しく読むことが出来たマンガでした。石黒正数らしさが良く出ているマンガだと思います。くだらない物語が多く、何も考えずに気楽に読める短編という持ち味を上手く使っていると思います。興味がある人にはぜひ読んでもらいたいマンガです。
なげなわマンに興味が引かれるという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
石黒正数 | CM(-) | TB(0) 2008.04.06(Sun) 18:21

第103集

ホットマン
ホットマン 01

作者: きたがわ翔
定価:619円
現在全10巻発売中
掲載雑誌:週刊ヤングジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆


様々な事情を抱える複雑な家族の試練を乗り越える様を暖かいタッチで描いたマンガです。大変読みやすいストーリー展開とハートフルな登場人物とが、好印象を受けた。やや同じような展開が多くうんざりするが全体的なまとまりが良く、物語全編を通して読んで初めて面白さに気付くマンガだと思います。同名ドラマで有名なマンガだが、けして期待を裏切らない堅実な話のマンガです。また、健康オタクという設定の主人公のため物語の間に健康に関しての一口メモ的な雑学があり、 物語以外にも楽しめる要素がある。
私個人的には、イマイチなマンガでした。不幸な設定があるのにもかかわらず、さらに物語の進行のために不幸な出来事が起こるというストーリー展開のため、不幸のインフレーションとでも言うべき事態が起こり後半とても読み進めていくのが億劫になりました。しかし万人受けしやすいマンガだと思いますので、ドラマなどで興味を持った人は読んで損をすることは無いと思います。
アトピーに苦しんでいる人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
きたがわ翔 | CM(-) | TB(0) 2008.04.03(Thu) 18:01
copyright © 気ままに読んだマンガの感想を書いていくブログ all rights reserved.

プロフィール

jhgf

Author:jhgf
紹介マンガ総数1232冊

当ブログはリンクフリーです。
また相互リンクの方は
kimamanimangablog@gmail.com
までお知らせ下さい。

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。