« 2008 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

第78集

傭兵ピエール
傭兵ピエール 1

作者:野口賢
原作:佐藤賢一
定価:590円
現在全4巻発売中
掲載雑誌:ヤングジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:


傭兵である主人公と救国の乙女ジャンヌ・ダルクとの数奇な出会いを描いているマンガです。傭兵という題名ですが戦闘シーンは極端に少なく、数少ない戦闘も簡略に描かれているとても中途半端な物語です。ストーリーのラストもどこか曖昧で中途半端なので不完全燃焼という言葉がとてもよく似合う。歴史描写、人物設定どれをとっても秀でたものが無くどういった読者層に向けたストーリーなのかはっきりとしなく、また主人公含めた登場人物の薄っぺらさが目立つあまり良い印象を持たなかったマンガです。
百年戦争当時のフランスの様子を簡単に知りたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
スポンサーサイト
佐藤賢一 | CM(-) | TB(0) 2008.01.31(Thu) 21:06

第77集

国民クイズ
国民クイズ

作者:加藤伸吉
原作:杉元伶一
定価:1344円
現在全2巻発売中
掲載雑誌:モーニング
出版社:太田出版
おすすめ度:☆☆☆☆☆


議会制民主主義が崩壊し新たにクイズによって国民の願いを反映する全体主義国家となった日本を舞台に、社会風刺を効かせながら人の欲深さを描いているマンガです。ポップな絵柄からは予想もつかない社会風刺が色濃い物語と、息をつかせない躍動感溢れるストーリー展開に良い印象持った。物語の設定は荒唐無稽で非現実的だが、その非現実と社会風刺という現実とが違和感なく適度なテンポで物語に組み込まれているので嫌みが無く大変読みやすいマンガであった。
題名、絵柄から抵抗感を持つ人が多いと思いますが、少しこのストーリーを読んだだけでも引き込まれていく物語の魅力は一見の価値があると思います。
これぞ問題作というマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
加藤伸吉 | CM(-) | TB(0) 2008.01.31(Thu) 20:43

第76集

ヨルムンガンド
ヨルムンガンド 1 (1)

作者:高橋慶太郎
定価:533円
現在第1巻~4巻発売中
掲載雑誌:月刊サンデーGENE-X
出版社:小学館
おすすめ度:☆


武器商人の主人公と主人公の私兵達の日常と戦いを描いているマンガです。ミリタリー関係に詳しくないと解らない武器や戦闘機が多数登場しミリタリー好きな人には堪らない物語だが、ストーリーのまとまりが欠けかなり読みづらい印象を受けた。コマ割り、人物設定など不満点が多いマンガですが、巷に溢れるガンアクション物の中ではなかなかリアルな方だと思います。好き嫌いがはっきりと分かれそうなマンガですので、ガンアクション物が好きな人以外はあまりこのマンガをおすすめしません。
私個人的には、中途半端な印象を受けました。人物設定然り主要登場人物の怪我の少なさ、表情の描き方、少年兵の銃の扱い方などなど非現実的な描写が多い割りに、多数の存在する武器を登場させるなど気にくわない点が有り、あまり良い感想をあまり持たなかった。あくまでガンアクション好きの人ためだけのマンガだと思います。
銃、ナイフ、戦闘機に関心がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
高橋慶太郎 | CM(-) | TB(0) 2008.01.27(Sun) 13:43

第75集

茄子
茄子 (1)

作者:黒田硫黄
定価:524円
現在全3巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆


人間関係を描く現代劇、ヨーロッパのロードレースー、SF、時代劇さまざまなジャンルをオムニバス形式で描く1話完結型のマンガです。味わい深いタッチが特徴的だが特筆すべき点はコマ割りと構成のまとまり感によってサクサク読めるが読み応えをしっかりと感じることが出来ることだと思う。けっして難解では無いストーリーだが、何回も繰り返して読むことが出来飽きが全く来ない。テンポ、読みやすさは断トツで良いがやや読む人を選ぶ物語だと思う。
私個人的には、ジワジワと来る物語の面白さ、ストーリーのまとまりが大変良い印象を受けた。この物語が1番面白いというわけではなく、『茄子』というマンガ3巻がストーリー全体としてのまとまりを味わい深いものに押し上げ、1話完結型にも関わらず全てが繋がっているような印象を受ける。これから読もうとしている人は、全巻を一気の購入して一気に読破することをおすすめします。
茄子がおいしいものだと分かり始めた人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
黒田硫黄 | CM(-) | TB(0) 2008.01.27(Sun) 12:56

第74集

とめはねっ! 鈴里高校書道部
とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

作者:河合克敏
定価:505円
現在第1巻~3巻発売中
掲載雑誌:週刊ヤングサンデー
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆


ひょんなことから書道部に入部することとなった主人公と同じクラスの女子2人。書道部の先輩達とさまざまな書を書いていくというマニアックな題材の書道マンガです。読みやすいリズミカルなテンポが好印象の物語は、人物設定もある程度しっかりとしていてサクサクと読める。癖が無い分やや読み応えが無いのがやや不満点。また世界が少し狭く読んでいて窮屈な感じがする。
私個人的には、これからが楽しみなマンガです。違和感の無い書道の基礎知識の解説なども書道を知らない人にとってはとても良い印象を受ける。また作中に出てくる書も実際書いたものなので書に興味がある人、書が好きな人にとっても読みやすいと思う。
青春を書で明け暮れたという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
河合克敏 | CM(-) | TB(0) 2008.01.25(Fri) 22:37

第73集

ふたつのスピカ
ふたつのスピカ 1 (1)

作者:柳沼行
定価:514円
現在第1巻~14巻発売中
掲載雑誌:コミックフラッパー
出版社:メディアファクトリー
おすすめ度;☆☆☆☆


宇宙が現在よりさらに近い存在となった未来が舞台。過去に起こった事故が原因となりトラウマを抱える主人公とそれを取り巻く友人達が持つ過去との葛藤を乗り越えそれぞれが成長していく様子を描いているマンガです。優しいタッチの絵柄だが、物語の構成・まとまりが大変良くとても読みやすい。主人公と友人達との成長を描いているストーリーだが、テンポが良くグイグイと話に引き込まれていく魅了がある。少々長めだが、飽きずに一気に読むことが出来るマンガだと思う。また、軽快なテンポの割にしっかりとした人物設定があるため物語の奥深さを感じることができ大変良い印象を受けた。宇宙が舞台では無く地上が舞台ですが宇宙とりわけ星が好きな人に特におすすめなマンガです。
私個人的には、大変楽しめたマンガでした。内容の薄っぺらい感動物に辟易させられていたのですが、久しぶりに設定がしっかりしていて尚かつ感動できる内容を提供してくれる作者に出会いました。あっさりとしていながら中身のある物語、読みやすい絵があいまってどの読者層にもおすすめできるマンガだと思います。
宇宙が大好きだという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
柳沼行 | CM(-) | TB(0) 2008.01.20(Sun) 21:27

第72集

いちご100%
いちご100% (1) (ジャンプ・コミックス)

作者:河下水希
定価:390円
現在全19巻発売中
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度;☆☆☆


優柔不断な主人公を取り囲む女性達の恋愛模様を描いているマンガです。二転三転するストーリーはやや勢いが足りなくテンポが良い分設定の甘さが目立つ不満点の多いマンガですが、後味のすっきり感だけは良い印象を受けた。物語ラストのまとめ方もそれまでの過程描写をすっとばしているため、あっけなく終わりしっくりこなく後味は良いがもう一度読みたいと思わないマンガです。
私個人的には、全く面白くないマンガでした。良くも悪くも少年誌らしいストーリー展開と微妙なエロ描写が目立つ物語は辟易させられました。もっと短いまとまりのあるストーリーだともっと好印象を持てる大変惜しいマンガだと思います。
たくさんの女性から好きになられたいと思っている人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
河下水希 | CM(-) | TB(0) 2008.01.18(Fri) 21:06

第71集

I"s
I

作者:桂正和
定価:390円
現在全15巻発売中
※完全版 I"s
 定価:980円
 現在全12巻発売中
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆


片想いをしている主人公を一人称で丁寧に描いているマンガです。一人称ということで片想いをしている相手の気持ちが明らかになることは少なくどっぷりと主人公に感情移入しやすいストーリー、綿密に丁寧に描かれた主人公の心理描写は恋愛物特有のテンポで大変良い印象を持った。読みやすくさくさくと読み進めることが出来る物語だが、やや長めのストーリーによって全体のまとまりが欠け物語終盤になってもダラッとした雰囲気があるのが唯一マイナス点だと思われる。
私個人的には、好きではないマンガでした。長く恋愛物ということで苦手な要素が多いですが、鳥瞰図のように全体を見下ろすというパターンが多い恋愛物では珍しい一人称のストーリー展開は一見の価値があると思います。恋愛物が好きな人はもちろん、高校生の頃の片想いが忘れられない人に読んでもらいたいマンガdす。
ありきたりの王道恋愛物が好きだという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
桂正和 | CM(-) | TB(0) 2008.01.18(Fri) 20:39

第70集

幻影博覧会
幻影博覧会(1) (バーズコミックス)

作者:冬目景
定価:590円
現在第1巻~2巻発売中
掲載雑誌:コミックバーズ
出版社:幻冬舎
おすすめ度:☆


冷静沈着頭脳明晰の探偵が主人公。その主人公の元にある日助手として不思議な少女が訪れる。大正の東京を舞台に起こるさまざまな事件を助手と共に解決していく探偵マンガです。推理物なのに奇抜なトリックなどは無く終始探偵である主人公にスポットが当てられていたり、雰囲気だけが先行し内容が伴っていないなど不満足な点が多い。1話完結型なのは良い印象を受けたが弦の緩んだような緊張感の無さが物語全編を通してあり、やや読む人を選ぶ。絵、雰囲気が合わない人には全く読む価値の無いマンガだと思います。
私個人的には、可もなく不可もない微妙なマンガでした。冬目景好きの人の為だけにあるようなマンガです。やはり冬目景独特の雰囲気が楽しめるという人にはおすすめですが、表紙が良いなどの理由でこれから読もうとしている人にはおすすめ出来ません。安直に読まないで他の冬目景作品を読んでからこのマンガを読むか判断した方が良いと思います。
大正の日本の雰囲気が味わえるマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
冬目景 | CM(-) | TB(0) 2008.01.14(Mon) 10:57

第69集

俺と悪魔のブルーズ
俺と悪魔のブルーズ 1

作者:平本アキラ
定価:666円
現在第1巻~4巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度;☆☆☆


黒人差別が色濃く残る1930年代のアメリカが舞台。悪魔に魂を売った伝説のブルーズマン、ロバート・ジョンソンをモチーフにフィクションを交え主人公を丁寧に描いているマンガです。物語自体は重々しくそしてゆっくりと描かれていて読みやすい。独特の奇妙なシーンの多さも主人公の設定により深みが加えられていて良い印象を受けた。また絵の書き方、まるで油絵のような描き方が内容と合っているのも大変良い印象を受けた。唯一の不満足な点は、話が進むにつれてフィクションの割合が多くなりじょじょにではあるがストーリーのテンポが悪くなり面白みが薄れていく点のみだ。本格的な時代設定と登場人物の設定及びストーリーそのものの崩壊がこれから元に戻るか楽しみなマンガである。
私個人的には、初期のフィクションと真実の織り交ぜ具合が面白く興味深かったが、現在最新巻の第4巻での不用意なありえなさには少し残念な気持ちになった。
本格的な絵のマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
平本アキラ | CM(-) | TB(0) 2008.01.13(Sun) 10:56

第68集

骨の音
骨の音―傑作短編集 (モーニングKC)

作者:岩明均
定価:509円
現在全1巻発売中
※新装版 骨の音
 定価:780円
 現在全1巻発売中
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆☆


『寄生獣』で有名な岩明均の初期短編6集を収めた短編集です。1話1話の話の魅力、構成が良く短編ながらも読み応えがあり十分に楽しめるマンガだが物語の迫力が足りずどこか空虚な内容となっているのが唯一のマイナス点。話の内容が重々しい割に絵が淡泊なので、何度も繰り返して読みたいと思わないストーリーが多い。
私個人的には、十分楽しめたマンガですが好き嫌いが分かれるマンガだと思います。主に絵の味気の無さが要因となっていると思われます。また本格的と言う程話が重厚で無く、オカルトと言う程軽くない曖昧な物語の立ち位置にもやや不満が残った。
寄生獣が好きだという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
岩明均 | CM(-) | TB(0) 2008.01.08(Tue) 22:31

第67集

ぴたテン
ぴたテン (1)

作者コゲどんぼ
定価:550円
現在全8巻発売中
掲載雑誌:月刊電撃コミックガオ!
出版社:メディアワークス
おすすめ度:☆☆


突然やってきた天使に付きまとわれる主人公。友人達と悩み苦悩しながらも成長していく恋愛マンガです。序盤はドタバタラブコメディー、中盤は主人公の悩みをシリアスに描き、終盤物語の軸となっていた謎を解明していく3部構成となっている。全8巻と短いわりに読み応えがあり恋愛物に珍しい種類の後味の良い終わり方に良い印象を受けた。テンポと構成がやや悪いため読みづらいが、最後まで読んで損はしないと思う。
私個人的には、恋愛物苦手だったわりに素直に楽しめたマンガですが如何せんテンポの悪さが最後まで続くのが良くないと思いました。恋愛物が好きだという読者層にとってこのテンポの悪さは目障りだと思います。終わり方は大変満足いくものなので、最後まで我慢して読み切ることが出来る人にはおすすめするマンガです。
天使、悪魔、幼馴染みが出てくる恋愛物に興味がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
コゲどんぼ | CM(-) | TB(0) 2008.01.02(Wed) 12:44
copyright © 気ままに読んだマンガの感想を書いていくブログ all rights reserved.

プロフィール

jhgf

Author:jhgf
紹介マンガ総数1232冊

当ブログはリンクフリーです。
また相互リンクの方は
kimamanimangablog@gmail.com
までお知らせ下さい。

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。