« 2007 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

第34集

ハツカネズミの時間
ハツカネズミの時間 1

作者:冬目景
定価:552円(第1巻のみ533円)
現在全4巻発売中
掲載雑誌:モーニング(後に月刊アフタヌーンに移動)
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆


隔離された学校で主人公達が脱出を試み、それからのそれぞれの生活を描いたマンガです。序盤から話が進み物語の奥深さを感じることができるが、話に起伏が無く熱中して読むマンガでは無いと思います。また約1年に1冊という刊行の遅さと、はたして完結してくれるのだろうかと思うぐらい広げられた伏線が回収されるのかが大変心配なマンガでもあると思います。登場人物の魅力があり、たんたんと話が続き読みやすいですが、内容は重く考えさせられる物となっていると思う。気軽に読もうとするマンガでは無く、冬目景作品が好きな人向けのマンガだと思いますので『イエスタデイをうたって』などの他の冬目景作品を読み面白いと思った人は読んで後悔はしないと思います。
私個人的な感想としては、面白くは無いですが好きな部類のマンガだと思いました。冬目景作品が大好きなので多少の偏りもありますが、万人向けの作品では無いことだけははっきりと感じることができました。
冬目景作品が大好きだという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?

追記:このマンガが完結しましたので追記を書きたいと思います。
打ち切りという形ながらも一応物語が完結を迎え、作者の悩みがはっきりと読み取れるラスト・内容となっている。今までの冬目景マンガの閉鎖的な雰囲気が欠け、女性キャラの魅力の薄さがさらに冬目景らしさを感じられない要素となっている。冬目景好きのには物足りなく、興味本位で手に取った人には雰囲気先行の内容の無いマンガと感じられ、あまりにも読者層が限られている。中途半端という形容がこのマンガを表していると思います。あくまで冬目景が好きな人のためのマンガだと思います。
スポンサーサイト
冬目景 | CM(-) | TB(0) 2007.10.31(Wed) 22:22

第33集

天使な小生意気
天使な小生意気

作者:西森博之
定価:390円
現在全20巻発売中
掲載雑誌:週刊少年サンデー
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆


天使の様に美しい主人公と彼女に憧れる4人とのドタバタラブコメディー物です。全20巻と適度に良い長さと歯切れの良いギャグが好印象を与える。また登場人物の個性も強く、テンポが良いのでさくさく読めるにもかかわらず面白いと思えるマンガになっている。前作の『今日から俺は!!』は友情をテーマとしているが、今作では恋愛をテーマにしているので前作の様なマンガだと思って読むと肩透かしを喰らうと思う。また恋愛と言っても純愛では無いので、気軽に読めるギャグマンガ程度に思って読んでもらうと過度の期待をせずに純粋に楽しめるマンガだと思います。
私個人的には、大変面白いと思ったのですが恋愛物なのにギャグ中心に描かれているのが残念だと思った。ギャグの質で言えば前作の方が良いが、今作は長さとテンポがすばらしくちょうど良く読んでいて早く次が読みたいと思える貴重なマンガだと思う。好き嫌いはっきり分かれるマンガだと思いますが、確実に笑えるマンガです。恋愛とギャグとが一緒になっているマンガは少ない為比較する対象が有りませんが、大変面白いマンガだと思います。
男言葉をしゃべり大の男も倒せる美人女子高生に興味がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
西森博之 | CM(-) | TB(0) 2007.10.30(Tue) 21:45

第32集

賭博黙示録カイジ
カイジ―賭博黙示録 (1)

作者:福本伸行
定価:505円(第12巻、第13巻のみ533円)
現在全13巻発売中
掲載雑誌:週刊ヤングマガジン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆☆


借金の保証人になったために負債を抱えた主人公がさまざまな環境の中ギャンブルで相手に挑み金を得るというマンガです。既存のギャンブルがベースとなっている特別なギャンブルで戦う為主人公と同じ目線で話を追うことができる。主人公と仲間達との裏切りや、相手のイカサマによって負けるといった予想を上回る内容となっている為、次は主人公が負けるかもしれないとハラハラドキドキさせられる場面が多い。しかし圧倒的に主人公が勝つ場面では主人公と同じ気持ちになり爽快な気分となる。ギャンブルのマンガということで敬遠がちの人も多いと思いますが、主人公の丁寧な心理描写による心理マンガだと思ってもらった方が良いと思います。
私個人的には、大変楽しく読むことができたマンガです。必ず主人公が勝つマンガでは無く、また衝撃的なラストがあるため休む暇なく一気に読むことができるマンガだと思います。このマンガほど巧みに心理描写を描いているマンガは他に無く熱中すると思いますので、普通の展開のマンガに飽きたという人、ギャンブル好きな人にはぴったりだと思います。
手に汗握るマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
福本伸行 | CM(-) | TB(0) 2007.10.28(Sun) 12:57

第31集

げんしけん
gennsikenn

作者:木尾士目
定価:505円(第9巻のみ519円)
現在全9巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆


主人公含め登場人物が所属する大学サークル「現代視覚文化研究会」において繰り広げられるオタクの素を描いたマンガです。当初はオタク文化を中心に描いていたのですが、じょじょに恋愛が絡み始め最終的には恋愛中心になっていく話です。テンポが良くさくさく読めるのですが、あざとい恋愛が少し邪魔な感じがします。登場人物の個性が強く感情移入しやすいため物語に熱中して読むことができると思います。オタクが主人公ということでパロディーネタもあるのですが一般人があきない程度で好印象を持てましたが、本格的にオタク関係のマンガが読みたいという人には物足り無い感じだと思います。
私個人的には、まあまあ面白いと思います。ただ読みやすさで好印象を与えているだけなので何回も繰り返し読みたいというマンガでは無いと思います。くせのある恋愛物だと思いますので、恋愛物を好まない人また普通の恋愛物が読みたいという人は読まない方が良いと思います。
巨乳でコスプレをする人に興味がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
木尾士目 | CM(-) | TB(0) 2007.10.25(Thu) 21:58

祝 30コンテンツ

30コンテンツを無事更新出来たということで今回はコメントの受付をしたいと思います。新刊の発売や、おすすめのマンガ等の情報をお知らせいただくと幸いです。これからもいっそう励んで参りますのでこのブログを宜しく御願い致します。
コメント受付中 | CM(1) | TB(0) 2007.10.25(Thu) 21:53

第30集

五年生
五年生

作者:木尾士目
定価:505円
現在全5巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:


遠距離恋愛をすることになった主人公と彼女とのそれぞれの日常を描いたマンガです。恋愛物ですが純愛とはほど遠く泥沼の関係を続け別れたり、不倫関係になり相手の妻から刺されそうになるなどくせの強い物語です。リアルさを追求したマンガということで、話に起伏が無くズルズルと引きずられるように読むマンガだと思います。したがってすっきりするマンガとは対極の位置だと思いますので、普通の恋愛物が読みたいという人にはおすすめできません。
私個人的な感想としては、何が面白くてこのマンガを読むのかさっぱり分かりませんでした。リアルな恋愛物のマンガというジャンルは存在するべき物では無いと思います。とてもつまらないマンガです。読んでいて早く話が終わって欲しいとしか思わないマンガで、読んで得るものは何も無いと思います。したがって読まない方が良いと思います。
木尾士目 | CM(-) | TB(0) 2007.10.25(Thu) 20:35

第29集

ユリア100式
ユリア100式 1

作者:萩尾ノブト
原作:原田重光
定価:505円
現在第1巻~7巻発売中
掲載雑誌:ヤングアニマル
出版社:白泉社
おすすめ度;☆☆☆


汎用人型ダッチワイフとそれを拾った大学生主人公との日常をギャグを織り交ぜて描いたマンガです。最初に言っておくと大変エロい内容となっています。神奈川県では神奈川県青少年保護育成条例を根拠とし、有害図書類に指定されています。しかし無用のエロでは無くエロとギャグがうまい具合に交ざり、コメディー物ではダントツのおもしろさだと思います。エロい描写が苦手では無い人にはぜひ読んでもらいたいマンガです。
私個人的な感想としては、大変笑わせていただいたマンガで面白いと思うのですが、第4巻の時点で早くも間延びしている印象を受けました。テンポ良くエロとギャグが話の中に入っていて1気に読めるので何回も同じようなエロい場面があるとあきやすいマンガだと思います。早く次が読みたくなるマンガというより、1回1回のギャグを楽しむマンガだと思いますので気軽に笑えるマンガが読みたいという人にはおすすめだと思います。また1部の本屋によっては、成人漫画の場所に置かれている事もあるそうなのでこのマンガを探している人はそちらの場所も探してみると良いと思います。
とにかくエロとギャグがあって笑えるマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
萩尾ノブト | CM(-) | TB(0) 2007.10.24(Wed) 21:58

第28集

ちょこッとSister
ちょこッとSister 1 (1)

作者:竹内桜
原作:雑破業
定価:552円
現在全8巻発売中
掲載雑誌:ヤングアニマル
出版社:白泉社
おすすめ度:☆


妹が欲しい主人公のもとにサンタから妹がプレゼントされる。その妹と共に過ごす日々を描いたマンガです。絵柄がとてもやわらかく落ち着いて読むことが出来るマンガだと思います。恋愛物なのですがキャラ萌えが主だと思われる。しかしゆったりと読めストーリが皆無なので万人受けするマンガだと思います。
私個人的な感想としては、楽しく読むことが出来たマンガでした。後味も大変良く読んで損はしないマンガだと思いますが、読んで得る物は何も無いと思います。表紙が良いと思って読もうとしている人は読んで損しないマンガだと思いますので読んでもらいたいと思います。
妹が欲しいと思っている人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
竹内桜 | CM(-) | TB(0) 2007.10.24(Wed) 21:00

第27集

エアマスター
エアマスター 28 (28)

作者:柴田ヨクサル
定価:505円
現在全28巻発売中
掲載雑誌:ヤングアニマル
出版社:白泉社
おすすめ度:


主人公女子高生のストリートファイトでの戦いを描いたマンガです。個性的な登場人物が多いがストリートファイトでの戦いに非現実的な描写が有るところや、グロテスクな描写が全く無いところなど熱中して読むことができない部分が多い為面白いと思う人は少ないマンガだと思う。また要らぬ場面でのギャグや巻末での作者のオナニー的な内容のおまけなども興ざめをする要因だと思われるので、これから読もうとしている人はこういった場面があったならばすぐに数ページめくることをおすすめします。
私個人的な感想としては、全く面白いとは思えないマンガでした。読むことが苦痛になるくらいつまらなかったです。
女主人公の格闘物が読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
柴田ヨクサル | CM(-) | TB(0) 2007.10.23(Tue) 22:37

第26集

今日から俺は!!
今日から俺は!! (1)

作者:西森博之
定価:第1巻398円、第2巻~23巻390円、第24巻400円、第25巻407円、第26巻~32巻400円、第33巻~38巻410円
現在全38巻発売中
※ワイド版 今日から俺は!!
 定価;676円
 現在全19巻発売中
掲載雑誌:週刊少年サンデー
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆☆


何処にでもある共学制高校につっぱりに憧れる主人公達2人が転校してから色々な騒動が起きる。その騒動を解決する2人を描いたマンガです。不良物なのですがどちらかといったら青春ギャグ物語です。気持ち悪い暴力などのシーンが極端に少なく読んでいて気持ち良く笑える話が多くてとてもすがすがしい物語なのですが、話が長く少しあきてしまった。しかし1話完結型の構成なので気軽に読めて良い印象を受けました。また、恋愛、ギャグがちょうど良い比率でたいへん読みやすい物語です。
私個人的な感想としては、とても面白いマンガだと思いました。素直に楽しめるギャグは万人受けすると思うので読んで損した気分にはならなかったです。
充実した毎日を送っている人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
西森博之 | CM(-) | TB(0) 2007.10.23(Tue) 20:35

第25集

20世紀少年
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1)

作者:浦沢直樹
定価:505円(第16巻、第22巻のみ524円)
現在全22巻発売中
※21世紀少年
 定価:524円
 現在全2巻発売中
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆

主人公とともだち達が少年時代に一緒に考えたよげんの書が1997年に現実になっていく。地球滅亡をもくろむ悪の組織に立ち向かう主人公とともだち達という本格化学冒険漫画です。さすが浦沢直樹といったところなのですが、話の魅力がすばらしい。一回読んだら最後まで一気に読みたくなるマンガです。ただ少し最終話付近になると間延びしている印象を受け、話の細かい部分を読み飛ばしたくなりました。正義とか友情とそんな物がテーマでは無いと思うのですが、マンガを読みきった後作者が何を言いたかったのか結局分からずじまいで盛り上げておいた話は何処にいったのか全く分からなかったです。1970年代が舞台の中心となっているという事で古き良き日本の風景が多く、また多彩な登場人物が活躍するので読んでいて良い気持ちになる場面も多々あります。しかし細かい設定が後付のような印象を受け不可解な点があるので読みきった後さわやかな気持ちにはならなかったです。
私個人的な感想としては、面白いと思ったのですが好きな部類ではありません。ただ浦沢直樹マンガの独特な話を途中で切る感じが嫌いなだけなのですが、素直に話を楽しめ無かったです。それでも話の引き付け方が上手く、読んで後悔はしないマンガだと思います。
少年時代変なあだ名の友達と一緒に隠れ家で遊んだ事のある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
浦沢直樹 | CM(-) | TB(0) 2007.10.22(Mon) 22:34

第24集


光

作者:凛野ミキ
定価:552円
現在全4巻発売中
掲載雑誌:コミックZERO-SUM
出版社:一迅社
おすすめ度:☆


何処にでもいる普通の高校生達が特殊な能力を得た為にお互いを殺し合いやがて精神が崩壊していく様を描いたマンガです。物語は有って無いようものでテンポ、ストーリー展開は最悪です。殺し合いのマンガですが戦闘に話の重点を置くのではなく、どちらかと言えば人間の脆さや残酷さを中心に描いているため戦闘シーンはとても少ない。全編を通して物語の脈絡、人物設定、起承転結があやふやでとても読みづらく、全く物語を終結させないラストなど後味が良くないマンガです。なので好き嫌いがはっきりと分かれるマンガだと思う。
私個人的な感想としては、全く面白いとは思えなかった。登場人物の生い立ち・なぜ普通の高校生が能力を得ることができたのか・能力とは何かなどなど数えたら限が無いほど謎が残りまた意味不明な点が多く全く話が理解出来なかったが、狙わずもその意味不明さが人間の恐ろしさをよりはっきりと強調している点では見事な構成だと思います。
人間ってすばらしいとか思っている人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
凛野ミキ | CM(-) | TB(0) 2007.10.21(Sun) 20:46

第23集

エルフェンリート
エルフェンリート 1 (1)

作者:岡本倫
定価:505円
現在全12巻発売中
掲載雑誌:ヤングジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度☆☆


新人類となりうるベクターと呼ばれる特殊な能力を持つディクロニウス同士の戦いを描いているマンガです。ディクロニウスは全員女ということで萌え要素が多少なりとも入っているのですが戦闘のシーンなどは手足がとぶ、目が潰されるなど大変グロイ内容となっていて後味の良いマンガでありません。また重要な役目を担いそうな登場人物でもあっけなく死んだりするなど予想を上回る内容でした。しかしどこか物語に奥深さが足りず読んだあと考えさせたり、物語についてもっと知りたいなどと思うことが全く無かったです。
私個人的な感想としては、表紙と内容とのギャップがあり想像していた内容とはかけ離れていたため楽しむことができませんでした。グロさではシグルイと肩を並べるほど強烈な内容となっています。これから読もうとしている人は表紙に惑わされずに読むことをおすすめします。
萌え・グロ・エロが入っているマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
岡本倫 | CM(-) | TB(0) 2007.10.20(Sat) 23:03

第22集

最終兵器彼女
最終兵器彼女 (1)

作者:高橋しん
定価:505円(第6巻は571円、第7巻は648円)
現在全7巻発売中
※最終兵器彼女外伝集
 定価:667円
 現在全1巻発売中
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆☆☆


北海道の田舎町で暮らす主人公とその彼女。そんなある日、謎の敵に札幌市が空襲される。攻撃から逃げる主人公が見た物、それは腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やした兵器と化して敵と戦う彼女の姿であった。国籍不明の軍隊との戦争が激化していくにつれ彼女は兵器としての性能が向上していくが、故障をきっかけに肉体も精神も人間とは程遠いものとなってくが、それでも彼女を愛する主人公。恋愛物語としては珍しい戦争を話の主軸としていて人の死が描かれている。また戦争の開戦や彼女が兵器と成った理由が全く物語に描かれていなく、主人公と彼女の恋愛だけを描いている。漠然と戦争が続き兵器と成った彼女を愛している主人公ということで純愛というより癖のある恋愛物語だと思いますのでつまらないと思う人の方が多いと思います。映画、TVアニメ、OVA,、ゲームとメディアミックスされていて大変有名な作品なだけあって物語としてはテンポ良く読みやすいのですが、物語そのものに説明が足りなく不満な点もあります。しかし読んで後悔はしないと思います。
私個人的な感想としては、恋愛物語が苦手な私でも楽しく読むことができました。ただ外伝はあくまでオマケ的な存在で本編とはなんら関係無く読む価値は無いと思いますので、本編を読んで面白いと思った人は過度の期待をしないで読んだ方が良いと思います。
恋愛物語が苦手な人にこそ読んでもらいたいです。恋愛物語が苦手な人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
高橋しん | CM(-) | TB(0) 2007.10.20(Sat) 21:10

第21集

犬神
犬神 1 (1)

作者:外薗昌也
定価:505円
現在全14巻発売中
※文庫版 犬神
 定価:760円
 現在全7巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:☆


23細胞といわれる不死の細胞について争う人々と23細胞を取り込んだ犬との戦いを描いたマンガです。オカルト的な内容で物語に説明が少なく少々後味が良くない話です。物語の最後も突拍子もない戦いをして何の前振りも無く終わり今までしてきた事を無にするラストなのがとても不満です。突拍子もない事が物語全編通して続き内容が有るのか無いのかよく分からなかったマンガです。俗に言う外薗昌也マンガということで気軽に読めるマンガではなく、外薗昌也が好きな人にしか受け付けないマンガなんだと思います。
私個人的な感想としては、全く楽しめませんでした。興味があり読んだだけに肩透かしを食わされた気分です。読むときには過度の期待をしないでどんな終わり方でも寛容に許せる人だけが読んだ方が良いと思います。
犬好きな人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
外薗昌也 | CM(-) | TB(0) 2007.10.19(Fri) 21:47

第20集

ARMS
ARMS (1)

作者:皆川亮二
定価:486円
現在全22巻発売中
※ワイド版 ARMS
 定価:800円
 現在第1巻~12巻発売中
掲載雑誌:週刊少年サンデー
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆☆


ARMSといわれるナノマシン集合体を身体の一部に移植された人々の戦いを描いたマンガです。『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』をモチーフにしたARMSは金属生命体としてそれぞれが主張ある特徴を持ち合わせていて読んでいてあきさせない作りとなっているが、これぞマンガの王道といわんばかりの内容はやや読む人を選ぶと思われる。物語の構成やテンポが良く全体的にクオリティの高いマンガだと思います。また全体的な雰囲気が統一されすぎていて、物語の起伏が少々分かりづらく一気に読破というよりは、じょじょに読んでいかないと飽きてしまう作りとなっている。ストーリーは主人公の活躍劇なのですが、周りの人物設定がしっかりしストーリーの土台がしっかりしているので、繰り返し読み返す度に新しい視点から物語を読め、新しい気分となれる。
個人的な感想としては、大変面白かったマンガなのですがつまらないと思う人も少なからずいると思います。良くも悪くも週刊少年サンデーらしいマンガですのでサンデーのマンガを読んでつまらないと思った人は読まない方が良いと思います。
青い薔薇って何さ?って人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
皆川亮二 | CM(-) | TB(0) 2007.10.18(Thu) 20:43

第19集

バガボンド
バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より (1)

作者:井上雄彦
定価:524円
現在第1巻~28巻発売中
掲載雑誌:モーニング
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆☆


剣豪宮元武蔵が剣士として確立するまでの話です。1コマ1コマの構図が練られていて大変読み応えのあるマンガです。宮元武蔵が独特のアレンジを加えられて共感を得やすい個性のあるキャラになったり、佐々木小次郎が聾唖者であったりしていて原作の吉川英治の小説『宮本武蔵』とはまったく違う味わいとなっています。ただ主人公が宮元武蔵ということで次の戦いで主人公が死ぬかもしれないという緊迫した雰囲気なのに死なないことを知っているのでどこか冷めた目で読んでしまいます。
私個人的な感想としては、面白いと思ったマンガです。筆で描かれた絵や必殺技の名前など言わずに相手が一振りで死んでしまうなどリアルさを体感できます。ただグロイ場面が多々あります。そのような表現が苦手な方は読まないことをおすすめします。
リアルな剣を使ったマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
井上雄彦 | CM(-) | TB(0) 2007.10.17(Wed) 20:39

第18集

リアル
リアル (1)

作者:井上雄彦
定価:590円
現在第1巻~7巻発売中
掲載雑誌:週刊ヤングジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆


主人公を除く主要登場人物全員が足に障害を持ち悩み葛藤してながらもそれぞれが各々の現実と向き合い闘っている。このマンガを読んでから障害者という言い方が好きじゃなくなりました。足に障害を持ちながらも必死にそれぞれが現実と闘い悩んでいる。作者がバスケ好きということで全編を通してバスケが中心に描かれています。けっして軽い話では無いのですが、あっさりとしたタッチとスポーツという爽やかさがあいまってさくさくと読めます。深く感動したり考えさせたりさせるマンガで無く、ハンディを負った人とその周辺にいる人に対して考え方を改めなくてはならないような内容です。私は五体満足な身体ですが、大変勉強になったマンガです。
私個人的な感想としては、面白いという評価をしましたが面白いだけでは終わりたくないマンガです。個性ある登場人物が話を深くし物語に奥行きを持たせ何回読んでもあきないマンガとなっています。
五体満足な人も何らかのハンディを負っている人にも読んでもらいたいです。暇がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?

井上雄彦 | CM(-) | TB(0) 2007.10.16(Tue) 22:37

第17集

MOON LIGHT MILE
MOON LIGHT MILE 1 (1)

作者:太田垣康男
定価:505円
現在第1巻~16巻発売中
掲載雑誌:ビッグコミックスペリオール
出版社:小学館
おすすめ度:☆☆☆


近未来における宇宙開発において各国の思惑などに見舞われながらも月開発に挑む人々を描いているマンガです。現実世界でもありうるかもしれないというヴァーチャルな世界観が売りなだけありフィクションとは思えないほどリアルである。宇宙物語としては大変男くさい内容であり熱くなれる部分も多々あり、また泣かされるような感動するストーリーもある。しかし史実とフィクションを織り交ぜているが故にそのような話に1歩後ろから読んでしまい熱中できず、結局なんだか不完全燃焼気味になってしまう。また、じょじょにロボットやレーザー銃など明らかにフィクションだと分かるものが出てくるようになると完全に冷めてしまい結果あきてしまった。国家間の宇宙利権を掛けた戦争というシリアルな内容を扱っているのでもっとリアルさを追求してほしいマンガだと思う。
私個人的な感想としては、プラネテスほどではありませんがこういった宇宙物語を楽しめました。しかし前述した所が不満であり、またあまりおすすめしない理由です。
男くさい主人公・宇宙物語が読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
太田垣康男 | CM(-) | TB(0) 2007.10.16(Tue) 21:16

第16集

羊のうた
羊のうた (第1巻)

作者:冬目景
定価:540円(第7巻のみ590円)
現在全7巻発売中
掲載雑誌:コミックバーガー
出版社:幻冬舎
おすすめ度:☆


他人の血が欲しくなり、理性をなくして他人を襲うという奇病にかかった主人公と全く同じ病気で苦しむ体の弱い姉との物語です。病気に関しては詳しく説明されていないが、奇病ゆえに他人には教えられないという葛藤が丹念に描かれていて作品に奥深さを感じることができる。冬目景独特のタッチだからこそ味わい深い作品となり物語に引き込まれていく作品であるが、最後のあっけない終わり方には不満を持たざるを得ない。
私個人的な感想としては、冬目景作品が好きだからこそおもしろいと思えた作品だと思う。冬目景作品を1度も読んでない人にはおもしろさが伝わりにくい物語ですので『イエスタディをうたって』など他の読みやすい冬目景作品を読んでからこのマンガを読むことをおすすめします。そして冬目景作品を読み冬目景独特のタッチが好きではないという人は読まない方が良いと思います。
後味は良いけどすっきりしないマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
冬目景 | CM(-) | TB(0) 2007.10.15(Mon) 23:27

第15集

BECK
BECK (Volume1)

作者:ハロルド作石
定価:505円
現在第1巻~33巻発売中
掲載雑誌:月刊少年マガジン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆


主人公の務めるバンドが幾多の試練を乗り越えて成功していくまでの軌跡を描いている物語です。作中で登場するバンドや人物などは実在するバンドからもじってたり、ギターなどの音楽機材に関しても大変丁寧に描かれていてリアルさを追求している作品だと思います。ただ音楽マニアにしか分からない人物名や楽器、扉絵などは一般人には気付くことができず少々歯がゆい感じがします。
私個人的な感想としては、音楽はまったく詳しくないのでこういったマンガは読んでいて何処がパロディで何処からがフィクションなのかが分からずじれったい気分になります。ギャグなどを織り交ぜて大変読みやすいマンガなだけあり残念な気がします。また最初10巻で行っていたことを再び繰り返す形で最新刊で行われているので、少し飽き飽きしてきます。
音楽関係のマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
ハロルド作石 | CM(-) | TB(0) 2007.10.15(Mon) 16:58

第14集

寄生獣
寄生獣 (1)

作者:岩明均
定価:500円(第9巻、第10巻のみ520円)
現在全10巻発売中
※完全版 寄生獣
 価格:900円
 現在全8巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆


正体不明の生物がある日空から飛来し人間に寄生していく。パラサイトと呼ばれるそれらは人間の形を保ちながら人間を捕食していく。パラサイトに寄生されながらもパラサイトに立ち向かう主人公とパラサイトとの争い。その主人公の周辺で起きる事件のみを描いている物語です。大変有名な作品であるとともに、数々の賞を受賞している作品です。人間の恐ろしさ、はかなさ、生命の尊さを説きホラーチックな雰囲気で重々しく物語が進みます。テンポ、話の長さがちょうど良く重い話なのにもかかわらず一気に読むことができます。人がパラサイトによって殺されていく話なので多数の人が死にますが、無暗に殺されていくのでは無くちゃんと意味がある死が多く読んでいて深く考えさせられます。
私個人的な感想としては、大変面白いマンガだと思います。ただ物語の途中に作者の説教と思われる部分があるのが少し好きではありません。せっかくストーリーで生命の尊さを描いているのにそれを作者が能書きを並べて書くのは少しうざったい感じがします。ただ物語の完成度が高く他に類を見ないので、一回は読んでもらいたいマンガです。
読んで損はしないマンガですので余裕がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?


岩明均 | CM(-) | TB(0) 2007.10.15(Mon) 01:13

第13集

イエスタデイをうたって
イエスタデイをうたって (Vol.1)

作者:冬目景
定価:505円
現在第1巻~5巻発売中
掲載雑誌:ビジネスジャンプ
出版社:集英社
おすすめ度:☆☆☆


フリーターの主人公と主人公のことが好きな少女、主人公が片想いしている女性との恋愛物語です。三角関係ですが、どろどろとした雰囲気は無くあっさりとした絵と内容があいまってさくさくと読めます。デッサンに似た荒削りな書き方が全体的に良い印象を与え、淡々と物語が進むので話に引き込まれます。女性が作者という事で少し敬遠がちでしたが、読んでみると女性特有のベトっとした感じが無く大変面白かったと思います。
私個人の感想としては、冬目景作品全て読み全て好きでしたのでとても大好きなマンガの1つなのですが、きっと万人向けのマンガでは無いと思います。また冬目景作品で完結したマンガは1つだけ、そして8年間で5巻という大変遅い刊行にも耐える必要があります。しかしそれが我慢できるほどの魅力的な登場人物がいるので、他に類を見ない冬目景作品独自の雰囲気に引き込まれていくと思います。
カラスを飼っている不思議な少女に興味がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
冬目景 | CM(-) | TB(0) 2007.10.14(Sun) 23:12

第12集

怪物王女
怪物王女 1

作者:光永康則
定価:533円
現在第1巻~7巻発売中
掲載雑誌:月刊少年シリウス
出版社:講談社
おすすめ度:


怪物達を統べる王族と呼ばれる人達の争いを描いているマンガです。怪物が出てくるマンガなので登場人物も起きる事件もありえないものばかリですが、内容が無いので深く考えずに読むことができます。内容が無いので俗に言うキャラ萌えマンガという位置付けになると思います。感想を述べるほど内容がありませんので、おすすめすることもできません。やんわり言いますとつまらないマンガですので買わない方が良いと思います。
光永康則 | CM(-) | TB(0) 2007.10.14(Sun) 11:27

第11集

BLACK LAGOON
ブラック・ラグーン 1 (1)

作者:広江礼威
定価:533円
現在第1巻~8巻発売中
掲載雑誌:月刊サンデーGENE-X
出版社:小学館
おすすめ度:☆


架空の都市で運び屋を営む主人公達と裏社会に属する組織のドンパチ物です。全編を通して銃を撃ち、人を殺すシーンがあります。暴力や殺人など愉快とは言い難い場面が多いですが、人を殺すということに重みが感じられずただただ銃を撃つマンガという印象を受けます。安い2流アメリカ映画的なストーリ・登場人物・武器が多く、銃を撃つだけのマンガを探している人にはおすすめのマンガです。また、作者が銃を好きなようで登場する武器などは幅広く細かく描かれています。
私個人の感想としては、人を簡単に殺す話は好きでは無いので少し不愉快に感じました。つまらなくは無いのですが、安っぽい感じがして何回も読める・読みたいとは思わないマンガでした。
2丁拳銃で人を殺しまくり暴言を吐く女に興味がある人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
広江礼威 | CM(-) | TB(1) 2007.10.14(Sun) 10:54

第10集

School Rumble
School Rumble Vol.1 (1)

作者:小林尽
定価:390円
現在第1巻~21巻発売中
掲載雑誌:週刊少年マガジン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆


ギャグを織り交ぜながら高校生の日常を描いているマンガです。内容は皆無でほぼくだらないギャグとくだらない恋愛物語が中心です。ギャグと恋愛の比重がバランス良くさくさくと読めます。登場人物が多く読みやすいマンガはあまり無いので、こういったマンガがあると暇なとき気軽に読めて良いと思います。時々見られるあざとい恋愛は少し邪魔な感じがしますが、さわやかな青春物語としては申し分ないくらいちょうどいい印象受けます。
私個人的には、間延びしすぎている感じがしてあまり好きにはなれないです。
気楽におもしろいマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
小林尽 | CM(-) | TB(0) 2007.10.09(Tue) 19:12

第9集

GUNSLINGER GIRL
GUNSLINGER GIRL 1 (1)

作者:相田裕
定価:550円
現在第1巻~9巻
掲載雑誌:月刊コミック電撃大王
出版社:メディアワークス
おすすめ度:☆☆☆☆


過去、事件などに遭遇し身体が不自由になった少女達を義体と呼ばれる異常な身体能力を持つ身体に改造し、薬物による洗脳を施し政府の非合法活動に従事させるという話です。少女が主人公ということで軽い話かと思われますが、人殺し、テロなどショッキングな内容が多いかなり重く暗い話です。テロを行う者からの視点・テロを防ごうとする者の視点2つが描かれているため人が1人死ぬにもしっかりとしたバックストーリーがあるので話にのめりこむことができます。しかし第5巻以降から作風ががらりと変わり恋愛要素がとても強くなり全く別のマンガとなってしまいます。私自身このマンガは面白いと思っているのですが、第5巻以降の作風は好きではありません。
銃を持った少女のマンガが読みたいという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
相田裕 | CM(-) | TB(0) 2007.10.09(Tue) 18:41

第8集

謎の彼女X
謎の彼女X 1

作者:植芝理一
定価:562円
現在第1巻~3巻発売中
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
出版社:講談社
おすすめ度:☆☆


主人公が謎多き女の子と付き合うという内容です。初期の頃はオカルト色が強かったのですが、じょじょに普通の恋愛物語となっていきます。元々オカルト的なマンガを描いてきた作者だけあって不思議な雰囲気があり独特な感じがあります。恋愛物語ですが、純愛というよりは初めての彼女に戸惑いながらも絆を深めていくといった感じなので読んでいて気持ち良く、さくさくと読めます。内容はありませんが、ついつい何回も読んでしまうマンガです。
私個人の感想としては、大変楽しく読めたマンガです。ただつまらないと感じる人も多いマンガだと思います。けっして普通の恋愛物語だと思って読まないほうが良いと思います。また、高校生辺りが読者の対象だと思われるので、それ以上の人になるとつまらないと思う人が大半だと思います。青春の真っ只中にいる人には読んでもらいたいマンガです。
高校生独特の淡い青春時代が大好きだという人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?


植芝理一 | CM(-) | TB(0) 2007.10.07(Sun) 22:13

第7集

イキガミ
イキガミ 1

作者:間瀬元朗
定価:505円
現在第1巻~5巻発売中
掲載雑誌:週刊ヤングサンデー
出版社:小学館
おすすめ度:



国家繁栄法という法律の下1/1000の確立で18歳~24歳までの設定された日時に命がうばわれる。ただそれを知らされるのは、24時間前に逝紙と呼ばれる死亡予告証を貰ってから。その逝紙を配達する配達員が主人公です。1巻に2話収録というちょうど良い長さで気軽に読めます。大きなストーリーは皆無で、1話完結型ということも良い印象を受けます。内容はまさしくヒューマンドラマです。人が死ぬことによって話を終わらせるということがあまり好きではないので話自体あまり好きではありませんが、さすがに泣けるマンガという宣伝をしているだけあってまあまあ感動はできます。ただ少し安っぽい感じがしてならないです。御膳立てされていて「さあ泣きなさい。感動しなさい。」と作者から言われているという印象を受けます。
私個人の感想としては、好きでありません。はっきり言ってこれよりおもしろいマンガは掃いて捨てるほどあります。そのためこのマンガを読むことをおすすめしません。それでも読んでみたいという人は、映画を見るのはめんどくさいけど映画みたいなマンガが読みたいという人ならばおすすめしておきます。
間瀬元朗 | CM(-) | TB(0) 2007.10.07(Sun) 21:18

第6集

ARIA
ARIA (1)

作者:天野こずえ
定価:562円
現在全12巻発売中
掲載雑誌:月刊コミックブレイド
※AQUA
 定価:552円
 現在全2巻発売中
掲載雑誌:月刊ステンシル
出版社:マッグガーデン
おすすめ度:☆☆


舟の漕ぎ手・水先案内人の一人前をめざすシングルと呼ばれる少女達が主人公の話です。一人前を目指し日々練習の様子を描いているのですが、ギャグなど一切無く主人公の日記帳のようなストーリーです。物語の雰囲気はほのぼのとしていて読みやすいが、話の見せ場をこれでもかってぐらいに強調するのが邪魔になって物語のテンポを崩しているがあまり良い印象を受けませんでした。話の内容もけしって濃いわけでは無く、登場人物も個性豊かとは言えないため、流し読み程度ぐらいにマンガが読みたいと思っている人にはおすすめだと思います。
私個人的な感想としては、それほどおもしろいとは思いませんでした。どちらかと言ったら女性向きなマンガだと思いますので、男性、特に内容の無いマンガが好きでは無いという人は読まない方が良いと思います。
表紙が良いなと思った人は、1回読んでみてはいかかでしょうか?
天野こずえ | CM(-) | TB(0) 2007.10.07(Sun) 20:29
copyright © 気ままに読んだマンガの感想を書いていくブログ all rights reserved.

プロフィール

jhgf

Author:jhgf
紹介マンガ総数1232冊

当ブログはリンクフリーです。
また相互リンクの方は
kimamanimangablog@gmail.com
までお知らせ下さい。

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

FC2カウンター

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。